委員会活動計画

委員長 隅田 倫且

■ 運営方針

 会員増強は、ロータリーに於いて最も需要な課題の一つです。
我が岡山丸の内ロータリークラブも、来たる30周年には50名体制になるよう各会員会、各種同好会等と連携し、会員増強に努めて参りたいと考えております。


■ 活動計画

  • 会員数の純増3名を目指す。
  • 会員増強プロジェクトチームを編成する。
  • 例会にて会員増強プログラムを組み、情報交換の場とする。
  • 入会促進のため、例会への体験出席、各種同好会への参加を企画し、雰囲気を感じてもらい入会を促進する。
  • 退会防止に努める。
会員増強委員会・会員選考委員会
*
委員長 岡本 卓治

■ 運営方針

 推薦されたすべての人の適性を職業上及び社会的立場から検討し、その適否を理事会に報告する。
 また、未充填分野の職業を会員増強委員会と連携しながら重点的に増強活動を行う。


■ 活動計画

  • 会員選考については関連委員会と協力し各委員会活動がスムーズに出来るよう公正かつ迅速に対処していく。
  • 既存会員の職業分類を調査し、職業分類の実態と未充填職業の現状を会員に提示し、バランスのとれた会員増強に努力する。
会員選考・職業分類委員会
*
委員長 飛岡 宏

■ 運営方針

 ロータリークラブの活動に関する必要な情報を入手し、会員にロータリーについての知識と理解を深める努力をします。
 また、地域社会にロータリー活動を理解してもらうために、広報活動を積極的に行います。


■ 活動計画

  • IDMを通じて、ロータリークラブの理解を促します。
  • フレッシュ会員(入会3年未満)へIDM参加を強制します。
  • 地区大会、IM、クラブ協議会、クラブフォーラム等への積極的な参加を促します。

IDMの予定(日時:第4水曜日)

平成30年8月22日(水) 午後6時半~
平成30年10月24日(水) 午後6時半~
平成31年1月23日(水) 午後6時半~
平成31年3月27日(水) 午後6時半~


*
委員長 延原 寛紀

■ 運営方針

 半田会長の方針に従い、クラブ奉仕関連の委員会(親睦委員会、プログラム委員会、会報・雑誌・広報委員会)と共に情報交換をしながら、クラブの活動を益々活性させるよう努めてまいります。


■ 活動計画

  • 例会への出席はすべての基本です。プラス10%出席率の向上を目指します。
  • 会長・幹事・委員長の方々と連携しながらクラブ奉仕活動を行います。
  • 会員相互の親睦を図り会員増強・退会防止に努めます。
*
委員長 頓宮 尚公

■ 運営方針

 本年度の方針を基本に、会員及びご家族、ゲストの方々が寛げる例会の空間づくりを心掛けて参ります。また、参加して良かったと思える企画・運営をしたいと考えております。
 また、各委員会と協力・連携を図り、会員相互の親睦や友情を深める機会を設営していきます。
 各行事への案内を積極的に行い、参加を奨励していくことができればと考えておりますので、皆様、ご協力の程、よろしくお願いいたします。


■ 活動方針

  • 理事委員会からの要請による、各種行事を各委員会と連携を取りながら推進する。
  • 特別例会の実施
    • (1)  チャーターナイト記念夜間例会
    • (2)  観月夜間例会
    • (3)  岡山東RC・備前RCとの合同夜間例会
    • (4)  創立記念夜会例会
    • (5)  クリスマス家族夜間例会
    • (6)  新年夜間例会
  • お祝行事
  • 同好会活動への支援
    • (1) ゴルフ同好会
    • (2) 湯けむり同好会
    • (3) 陶芸同好会
    • (4) 新規立上げ同好会
  • ご家族・留学生を交えたレクリエーション活動
  • ゲストビジターへのお迎え、接遇
*
委員長 阿部 静香

■ 運営方針

 プログラム委員会は毎例会に行われるクラブ年間行事の予定により、各委員会と連絡及び各奉仕月間予定を考慮し充実した例会卓話の企画を行い、年間プログラムを構成します。


■ 活動計画

  • クラブ年間行事予定に沿い、会員に喜んでいただけるような計画にする。
  • 各委員会との連携を行います。
  • 早めにスケジュールを作成し、会員に周知するようにする。
  • 新会員と既存会員との交流を図り、より理解が深められるプログラム作りにする。
*
委員長 天野 伸一

■ 運営方針

 クラブ会報を通じて、会員相互の情報共有、理解に努めます。
「ロータリーの友」の購読によって、ロータリー活動の知識向上に努めます。


■ 活動計画

  • 「クラブ週報」は毎週の例会行事等中心に読みやすく理解できる内容に致します。(出来るだけ同じ人がしないようにする。)
  • 「ロータリーの友」は毎月会員全員が活動の知識向上ができるように購読発表致します。
  • 「クラブホームページ」は毎年更新し、当初からの趣旨の通りクラブ活動等をクラブ内外にPR出来るように致します。
*
委員長 栗田 真志

■ 運営方針

 ロータリーの五大奉仕の中の職業奉仕は、「あらゆる職業に携わる中で奉仕の理念を実践していくという目的を持つものである」、とあります。自分自身を律し、事業で研鑽を積み、職業上の経験・知識をクラブ活動や地域社会に奉仕できるように努めてまいります。


■ 活動計画

  • 職場訪問の実施 会員企業または、参考になる取り組みをしている団体訪問
  • 従業員表彰   会員企業の優良従業員表彰
  • 意見交換    職業奉仕月間で意見交換
*
委員長 佐藤 研治

■ 運営方針

 半田会長の下、社会奉仕・青少年奉仕活動・高齢者福祉活動等ロータリーの原点に立ち返り就実インターアクトクラブ(IAC)との交流を深め、インターアクトの活動をサポートして参ります。


■ 活動計画

  • 社会奉仕活動
    ①献血活動
    • 2018年10月、「献血ルームももたろう」にて、就実IACと共催で実施致します。
    ②クールビズ
    • 2018年7月~10月、2019年5月、6月の期間、クールビズ月間を実施致します。
  • 青少年奉仕活動
    ①「第42回インターアクト地区大会」へ参加します。
    •   ・日 時:2018年7月28日(土)~29日(日)
    •   ・場 所:くらしき山陽ハイツ(倉敷市)
    ②「就実高校IACとの交流」を行い、活動を支援する。
    •  1)就実高校の文化祭で開催されるバザーを支援する。
    •  2)会長・副会長・会員・顧問教師を例会に招く。
    •   ・2018年8月の通常例会
    •   ・2018年12月のクリスマス夜間例会
    •  3)就実高校IACの例会を訪問する。
    ③「インターアクト指導者講習会」へ参加します。
    •   ・日 時:2018年11月23日(金)
    •   ・場 所:岡山県共生高等学校(岡山県新見市)
    ④ 「ももぞの学園」への果樹園新設に向けて取り組む
    •   ・「献血活動」を行う
    •   ・済生会ライフケアセンターの「丸の内文庫」の贈呈を行う
  • 高齢者福祉活動
    ①文庫寄贈
    • 岡山済生会ライフケアセンター、「丸の内文庫」の整備を行う。
社会奉仕・新世代奉仕委員会
*
委員長 西村 篤志

■ 運営方針

 クラブ会員に対して、ロータリー財団の目的と意義を理解していただき、また米山記念奨学会の意義と重要性について再認識、理解を深めていただくように努めます。


■ 活動計画

  • 米山奨学生の精神的なサポートを行います。
  • ポリオ撲滅への協力。
  • ロータリーカードの情報提供と加入を推進します。
  • 地区補助金対象プログラムの申請・実施・報告を行います。
国際奉仕・米山記念奨学会・ロータリー財団委員会
*
直前会長 小野 進吾

■ 活動計画

 半田会長の方針に則り、クラブ運営が適正に行われるように、継続すべき事業と改善すべき事業を一考し、来るべき創立30周年に向けて、各理事役員の皆様と共に協力して会員50名達成を目指します。

*
        
S.A.A 政木 誠

■ 運営方針

 会長方針を踏まえ、格調高い岡山丸の内ロータリークラブの例会になるよう会場監督を努めてまいります。


■ 活動計画

  • 例会場の器具備品の整理、会場内の点検を行います。
    本年度は3回の移動例会が予定されており、スムーズな移動例会運営に努めます。
  • 例会時間を厳守します。
  • ゲスト・ビジターの方々には、礼節を重んじ笑顔でお迎えし、心地よい例会場となるよう努めます。
  • 例会中の私語・携帯電話の使用については、「お静かにお願いします」プラカード等を使用し注意喚起をしてまいります。
  • 特別例会・夜間例会では出席者スマイルを実施します。ご協力をお願い致します。
  • 例会時の席次について、3か月に一度会員相互の親睦を図るため、親睦委員会とも相談し、席次を変更していきます。(誕生日月席次・干支席次等)
*
会計 林 英男

■ 運営方針

 半田会長の方針を踏まえ、理事・役員会において承認された予算書に基づき、クラブ財政が効率的かつ健全に運用されているかを管理します。


■ 活動計画

  • すべての資金の収支及び残高確認を行い、理事会からの要請があれば速やかに会計報告が出来るよう準備する。
  • 一般会計支出のうち、親睦会費、夜間例会を分りやすく予算化し、各会の個人負担をお願いする。
  • 資金の受払いについては、幹事と密接に連絡をとり、財政の健全な運営と透明性を図る為、理事・役員2名以上の確認と署名を得ます。
  • 事業の実施にあたって提出された各事業予算表と年初予算額とを照合し、その適合性を理事・役員会に報告するとともに、事業終了後速やかに決算報告の提出を要請する。
  • 年度終了後、すべての費用の支払完了を確認し速やかに決算報告を行う。
  • 特別基金の管理運用については、特別基金運用規程に準じて運用する。
*
*

例会情報

開催時間:

毎週水曜日/12:30~

開催場所:

ANAクラウンプラザホテル岡山
(旧 岡山全日空ホテル)
岡山県岡山市北区駅元町15-1

例会では、プログラム委員会が講師、アトラクション等企画します。

*
Rotary International
Rotary Japan
ロータリー文庫

例会情報

事務局

岡山丸の内ロータリークラブ

〒700-0902
岡山市北区錦町1-8
岡山県木材会館4F

TEL
:086-222-9590
FAX
:086-224-4288
E-mail
marunouchi@ok6rc.jp
*

copyright 2012 OKAYAMA MARUNOUCHI ROTARY CLUB All Right Reserve.